頚椎ヘルニアの手術

頚椎ヘルニアでは、まずは保存療法がとられることになりますが、それでも回復が見込めないケースでは手術を行うことになります。それは、神経を圧迫して痛みの原因となっている部分を除去することが目的となります。前方除圧術と後方除圧術の2つの方法があり、術後の経過も早いのが特徴です。それまで痛みで生活に支障をきたしていた人でも、すぐに社会復帰が見込めるようになるのです。腰の椎間板と同様にレーザーによる施術もありますが、切開によって患部を開くのが一般的です。

頚椎ヘルニアの手術として、まずは前方除圧術が考えられます。その方法は、脊髄の前方から、神経根にかかる圧力を取り除くものになります。ですから、首の前部から切開をすることになります。それから、椎体まで血管やほかの器官を避けながら進み、患部となっている椎間板を削ることになるのです。施術では椎間板を除去してしまうので、そこにできた穴を自分の骨で埋めることになります。その場合、骨盤や腓骨から採取することになります。

そして、後方除圧術で頚椎ヘルニアを治す場合には、首の後方から切開していくことになります。一般的な方法としては、脊柱管の後ろの部分にある骨を削って行なうことになります。このとき、片側を削って、もう一方は切込みだけを入れて蝶番に利用するのがポイントです。骨の移植が必要でない方法もありますし、移植が必要な方法もあります。ただし、筋肉を傷つけてしまう危険もあるので、多くの場合は、前方除圧術を選択することが多いのです。

関連記事