頚椎症

頚椎症というのは、首の骨に過度の負担がかかることで引き起こされる症状です。それは、老化や運動、事故、それに姿勢の悪さなどが原因で、骨がずれたり変形したりすることがあるからです。その結果、神経や血管などが圧迫されて、痺れや痛みなどを感じるようになってしまうのです。同じ姿勢を長時間することの多いデスクワークなどに従事している人は、最初のうちは肩こりや首こりと似たような症状でわかりにくいのですが、実際には頚椎症だったというようなことも多くあるのです。

その主な症状としては、まずが首から肩、背中にかけて痛みをともなうこりを感じるようになります。それに加えて、腕や指先などに痺れを感じるようになってくると注意が必要になってくると言えるでしょう。症状が進んでいくと、運動障害や感覚麻痺、血行障害などをひき起こすようになってしまうケースもあります。また、歩行障害や排尿障害といったように、普段の生活のなかにも影響が出てくる場合もあると言われているのです。

そして頚椎症には、3つの種類があることも知っておくようにしましょう。変形性のものは、スポーツや姿勢の悪さなどから起こるものです。生活習慣の見直しなどが必要になってくるもので、首から腕などにかけてこりを感じるタイプです。神経根症と呼ばれているタイプは、神経根の圧迫が原因です。レントゲンなどでないと診断がしにくいと言われています。脊髄症というのは、頚椎が変形することで脊髄が圧迫されてしまうものです。様々な障害を引き起こすので注意が必要です。

関連記事