病院で頚椎症を診察してもらう

頚椎症というのは、症状としては肩こりや首こりがひどくなったものと考えている人もいるかもしれませんが、実際にはもっと重大な障害を引き起こす可能性のあるものです。ですから、悪くならないうちに病院での診察を受けて、適切な治療をしていくことが望ましいのです。それには、まずは肩こりや首こりとの違いを知らなければいけません。筋肉がこり固まってしまう以外に、神経性の痛みがあったり、痺れや麻痺をひき起こしているケースは注意しましょう。

そういった症状がでているならば、大げさに感じても頚椎症を疑うようにしなければいけません。すぐに病院で専門医に見てもらうのがいいでしょう。根本的に治すためには、手術が必要だと言われていますが、症状を改善させていくには保存療法がとられることになります。痛みがひどい場合は、ブロック注射や抗炎症薬、鎮痛剤などによってその症状を和らげる処置がとられます。そのうえで、生活習慣の改善などを行っていくことになるのです。

また、病院によっては頚椎症の治療に針を用いるところもあります。筋肉のこりをほぐして血行を促進するのが目的です。ただし、変形性のものには効果はあまり期待できないのです。ほかにも、炎症がおさまってきたならば、牽引や固定によって症状を改善させていく方法がとられるケースもあります。電気療法などとも組み合わせて行われるもので、低周波や中周波、高周波などによって血行を促進してから、姿勢を整えていくのに役に立つのです。

関連記事