頚椎症と頚椎ヘルニアの記事一覧

ストレートネックを病院で見てもらう

ストレートネックを病院で見てもらうと、主に牽引療法や薬物療法がとられることになります。牽引療法というのは、その名前のとおり、首を上方に引っ張ることで症状を改善させるものです。たいだい10分くらい行うもので、温熱療法と組み合わせることが多いでしょう。温熱療法も、単に首を温めるだけでなく、マイクロ波を患...

ストレートネックを病院で見てもらうの続きを読む>

頚椎症の薬

頚椎症になってしまった場合に、保存療法によって症状の改善を図るならば、薬を使用することも多くあると考えていいでしょう。薬物療法などとも呼ばれていますが、多くの場合は患部の炎症を抑えることが目的となります。そのようなケースでは非ステロイド性の消炎鎮痛剤などが用いられます。患部が炎症を起こしたままだと、...

頚椎症の薬の続きを読む>

ストレートネック

ストレートネックというのは、長時間のパソコン作業など、姿勢を一定のままずっとしていることで引き起こされる障害のことです。頚椎が普通の状態よりも、前に倒れてしまうことでまっすぐになり、自然なカーブを描くことができなくなってしまうのです。原因は、前述のとおり同じ姿勢を長時間続けることにありますが、レスリ...

ストレートネックの続きを読む>

頚椎症のための枕

頚椎症になると、寝ているときに枕が邪魔に感じたり、高さが合わないと感じてしまうことが出てきます。とくに高さがないと眠れなくなってしまったという人は要注意だと言えるでしょう。それは、首が前に倒れている状態でないと眠れないということなので、首の周辺に負担がかかりやすい姿勢になっているからです。ですから、...

頚椎症のための枕の続きを読む>

頚椎症

頚椎症というのは、首の骨に過度の負担がかかることで引き起こされる症状です。それは、老化や運動、事故、それに姿勢の悪さなどが原因で、骨がずれたり変形したりすることがあるからです。その結果、神経や血管などが圧迫されて、痺れや痛みなどを感じるようになってしまうのです。同じ姿勢を長時間することの多いデスクワ...

頚椎症の続きを読む>

頚椎ヘルニアの薬による副作用

頚椎ヘルニアの薬物療法では、効果は小さくても副作用のリスクが少ないものが使用されることがほとんどです。基本的な考え方として、強い効果があれば、その反対の影響も強く出てしまうものだと理解しておいたほうがいいでしょう。ですから、即効性の効果を期待するのではなく、地道に治していくことが大切なのだと言うこと...

頚椎ヘルニアの薬による副作用の続きを読む>

病院で頚椎症を診察してもらう

頚椎症というのは、症状としては肩こりや首こりがひどくなったものと考えている人もいるかもしれませんが、実際にはもっと重大な障害を引き起こす可能性のあるものです。ですから、悪くならないうちに病院での診察を受けて、適切な治療をしていくことが望ましいのです。それには、まずは肩こりや首こりとの違いを知らなけれ...

病院で頚椎症を診察してもらうの続きを読む>

頚椎ヘルニアの手術

頚椎ヘルニアでは、まずは保存療法がとられることになりますが、それでも回復が見込めないケースでは手術を行うことになります。それは、神経を圧迫して痛みの原因となっている部分を除去することが目的となります。前方除圧術と後方除圧術の2つの方法があり、術後の経過も早いのが特徴です。それまで痛みで生活に支障をき...

頚椎ヘルニアの手術の続きを読む>

ストレートネックの薬

ストレートネックになってしまった場合、薬によって症状を軽減していくことが可能です。ただし、それは根本から治すということにはならないので、ほかの治療法と組み合わせて行っていくようにしなければいけません。たとえば、痛みを軽減させたうえで、バランスの悪い姿勢を改善させていったり、リハビリ体操を行っていった...

ストレートネックの薬の続きを読む>

頚椎ヘルニアの治療方法

頚椎ヘルニアというのは、首にある椎間板がヘルニアになってしまったものです。その治療法には保存療法と手術の2種類があり、それぞれの症状によって選択されるものだと考えていいでしょう。ただし、よほど重篤なケースでなければ、身体の姿勢を改善して安静を保つことが優先されるのです。そのような場合には、むちうちに...

頚椎ヘルニアの治療方法の続きを読む>

 |